アピアランス・サポート

MAMABI MAG 新しい仕事の紹介
アピアランス・サポート

【取材・執筆協力】みなとアピアランス・サポート相談室/一般社団法人アピアランス・サポート東京

アピアランス・サポート(ケア)って何?

アピアランス=外見 サポート=支援
美容師の技術で、がん患者の方がその家族を含めた人間関係の中で、
その人らしく過ごせるよう支援すること

国立がん研究センターのデータによると、がんの罹患数は、男女ともに2004年から2013年の10年間で10万人以上増加しています※1。 現在、生涯でがんに罹患する確率は、男性62%、女性46%とも言われています※2が、医療技術の向上により、患者の生存率が高まっています。

がん罹患数

その一方で、抗がん剤や放射線治療など、がん治療にともなう副作用によって、髪の毛や眉毛、睫毛の脱毛や、爪の変色・変形、肌のくすみなど、外見が変化することがあります。通院治療が増えて、治療と仕事を両立する人が多くなったこともあり、アピアランス(外見)の変化に伴う悩みを抱える患者を支援するアピアランス・サポート(ケア)が重視され、注目され始めています。

がん患者の方の外見の悩み

国立がん研究センターが2013年に発表した資料によると、治療に伴う身体症状の苦痛TOP20の中に、外見の変化による苦痛がいくつも挙げられています。特に乳がん・婦人科がんの患者の方は外見に関する苦痛を強く受けているとのことです。※3

外見の変化は、患者の方にとって身体的な苦痛と同様、もしくはそれ以上の苦痛となります。がんであることを他者に知られることで、今までの人間関係がマイナスに変化するのではないかといった不安からその苦痛が来ていることが研究でも分かってきました。

国立がん研究センター中央病院資料

具体的な仕事内容について

みなとアピアランス・サポート相談室

「みなとアピアランス・サポート相談室」は、美容室内にアピアランス・サポート相談室を開設し、港区のアピアランスに関する無料相談窓口として、抗がん剤や放射線治療の副作用による脱毛や爪の変色、肌のくすみなど、外見変化でお悩みの方をサポートしています。

「復職したいけれど不安が……」「結婚式に呼ばれているけどどうしよう」といった、日常生活での心配を、アピアランス・アドバイザーが患者の方と一緒に考え、それぞれの患者さんに合わせたウイッグの調整カットやネイルの補強、ケアなどの施術を行っています。

また、2016年には東京都港区とがん患者の支援に関する連携協定を締結。区内にある慈恵医大付属病院をはじめとしたがん治療診療拠点病院などで定期的なアピアランス相談会を開催しています。

あくまでも、私たちは美容の専門家

みなとアピアランス・サポート相談室

アピアランス・サポートを行う上で重要なことは、私達はあくまでも「美容の専門家」であって、「医療の専門家」ではないと自覚することです。私たちが行う支援は、ウイッグやネイルといった個別具体的な技術的な支援、情報提供に限定して行わなければなりません。
それ以外の相談、例えば病院選び、治療方針や経過、医師、看護師などに関するお話に関しては、担当医や看護師にご相談するようにお話をして、不確かな情報やアドバイスを伝えることによって、患者の方の不利益につながらないように注意することが重要です。

アピアランスの相談に来られた方の声と今後について

みなとアピアランス・サポート相談室

アピアランス相談室でサポートを受けた患者さんから、「アピアランス・サポートをもっと早く知っていれば……」という感想をよく聞きます。まだ、アピアランス・サポートについての情報が充分に行き届いてないのが現状です。

東京都港区では、平成29年4月から、がん治療に伴う脱毛や乳がんの手術跡をカバーするウイッグ(かつら)や胸部補正具の購入経費の助成(通称 アピアランス助成金)※4を制度化し、購入費用を上限3万円(購入費用の70%)まで助成し、がん患者の就労継続や社会生活を支援しています。都内の他の市区においても導入が検討され始めており、今後の支援の充実に期待がされています。

美容師として、美容師にしかできない、がん患者に寄り添うサポートを提供する。
アピアランス・サポートの仕事は社会貢献性が高く、やりがいのある仕事です。

※1 出典 国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」より
※2 国立がん研究センター がん情報サービス HP 5)がんに罹患する確率~累積罹患リスク(2013 年データに基づく)より
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html
※3 抜粋参考資料 国立がん研究センター中央病院
https://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/2013/0731/shiryo2.pdf
※4 参考URL http://app-sup.com/minatoku/

【取材協力先】みなとアピアランス・サポート相談室/一般社団法人アピアランス・サポート東京
東京都港区高輪3-10-28 / TEL : 03-3445-4010